生産技術, Storage racking system TPPRACK

Ke kho, pallet thep

オンラインをサポート

  • ho tro tpprack

    Sale online

  • skyper tpprack

    Sale online

  • contact tpprack

    Sale online

  • mail tpprack

    Sale online

  • 0918223724

  • 0908634227

  • 0904 900 901

生産技術

 

静電塗装炉は長16000mm幅2mの商品に対応できます。
静電塗装は以下のステップに実施します。

静電塗装技術へ適用される装置システム 前処理 以下4台の化学タンクを含む 油水分離前処理装置タンク 酸系除錆タンク 表面定形剤のタンク りん酸塩界面活性剤のタンク 前処理に使われる水洗タンクが3台あり、
途着効率を向上させます 塗装措置は塗装ガンとコントローラー装置があります。 塗装ガンは2種類あります。 - 手持ちスプレーガン - 自動塗装ガン コントローラー装置 - 乾燥炉 - 塗装ブース - 回収装置 - 水洗タンク 塗装スプレー工程 以下4ステップがあります。 前処理(Pre-treatment) 乾燥(Drying) スプレー(Spray Painting) 焼付け(Paint Baking) 塗装工程の概説

ステップ1:塗装前処理工程 電着塗装の前、製品(鉄材)を前処理することが必要です。被塗物がほとんどが金属で作られます。鉄材の表面について、前処理工程の目的は以下のようです。 加工による油を撤去された製品
錆を撤去された製品 塗装待ち時間以内、錆になりません。
表面塗膜は強度が強くなって塗装膜と金属の付着を向上させます。
上記の要件によって、塗装の前に被塗装物を化学タンクに前処理として浸します。 前処理用の化学タンクは以下通りです。
油水分離前処理装置タンク 水洗タンク 除錆剤(H2SO4とHCl)のタンク 水洗タンク 表面定形剤のタンク りん酸塩界面活性剤のタンク 水洗タンク これらのタンクはステンレス又はプラスチック複合材料でカバーされています。 被塗装物をステンレスメッシュの籠に入れ、電動バランスサーで上記のタンクに順序に移動されます。

ステップ2:表面乾燥 前処理の後、被塗物を表面乾燥で水切りし、乾燥炉に入れます。乾燥炉は水切り乾燥の機能を持って、被塗物が短期で水切りされ、塗装工程に流します。 一般乾燥炉が立体の形で、被塗物が治具に吊りかけて、炉内に積み込みます。 ガスを燃料として使う遠赤外線又はバーナー式の炉です。

ステップ3:商品塗装 前処理を受けてから、被塗装物を水切り乾燥炉で乾燥させて、塗装ブースに移動します。それから、排出される廃塗料を回収します。 静電塗料は粒子の形で、静電力で塗料は金属表面に着するため、塗装ブースは排出される廃塗料を回収する大事な役割を持っています。この廃塗料を新しい塗料に混ぜて、再利用できます。それによって、経済的に節約できるのは静電塗装の特徴です。 塗装ブースは以下2種類があります。 1本のガン付けのブース:1本のガンで塗装し、被塗装物をハンガーに手で吊り掛けます 1本のガン付けのブース:被塗装物がコンベヤーでブースに移動され、2本のガンを被塗装物の両面に置き、両面を塗装します。 塗装と廃塗料の回収ができる為に、静電塗装装置と圧縮機・振盪機を含む空気供給システムは必要です。 ステップ4:焼付け乾燥・出来上がり 塗装工程が完了してから、塗装されたものを焼付け乾燥炉に入れて、1800℃~2000Cの温度で10分加熱して乾燥します。 ガスを燃料として使う遠赤外線又はバーナー式の炉です。

塗装後の塗料粒回収 a. 回収装置: ィルター又はサイクロン集塵器
b. 回収塗料粒子の再使用 回収塗料粒子を1:1の比率で新しい塗料に混ぜ込むことでもっと効果に再使用できます。回収塗料粒子には不純物が含まれ、又は弱く帯電している場合、粉ふるい機でふるいにかけます。
事前の承諾なくして、タン・フオン・ファットサイトより写真・記事を転写してはなりま.